Top >  妊娠検査薬の時期 >  妊娠検査薬を使用する時期は?

妊娠検査薬を使用する時期は?

婦人科を受診しなくても、手軽に妊娠しているかどうかを判定できる妊娠検査薬は、婦人科に行く前の自宅でできる予備検査としても多くの女性に使われています。

妊娠検査薬は、受精卵が子宮に着床した際に作られるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)と呼ばれるホルモンが尿の中に含まれているかどうかによって妊娠を判定するものです。

そのため、妊娠検査薬は、この受精卵が子宮に着床した後でなければ使っても意味がないということになります。

それでは、妊娠検査薬は受精卵が子宮に着床した後であれば、いつ使ってもいいのでしょうか?

市販の妊娠検査薬は、hCGが50mIU/ml以上のときに陽性と反応するように作られています、ですから、hCGが50mIU/ml以上になる時期が、妊娠検査薬の適切な使用時期であるといえます。

hCGが50mIU/ml以上になる時期は、おおよそ妊娠3週目の終わりごろであるといわれているため、妊娠検査薬を使用する時期は、生理予定日の1週間後以降、または一番最近の受精する可能性のあった日、つまり、性交のあった日から3週間後が望ましいといわれています。

ただし、hCGの濃度が低いなどの理由で、妊娠の診断ができる時期とされている、生理予定日1週間後に妊娠検査薬を使用した場合でも、陰性の結果がでることもあります。

妊娠検査薬の結果が陰性であっても、生理がない、基礎体温の高温期が続く場合には、時期をずらしてもう1度、妊娠検査薬で検査してみると陽性の反応がでることもあります。

妊娠検査薬の検査時期は、まず、所定の検査時期は必ず守るようにし、その判定結果や、その後の身体の状態で、再度妊娠検査薬で検査する、婦人科を受診するなど、適切な対応をとるようにしましょう。

その他妊娠検査薬,時期,予備検査,hCG,ホルモンの情報

妊娠検査薬の反応について
妊娠検査薬は、いくつかのメーカーから発売されていますが、使い方はほぼ同じです、棒状の妊娠検査薬の先に尿をかける、コップなどに採尿し、検査薬の先につけるなどして、検査を行ないます。

妊娠検査薬で陰性と判定されたら
妊娠検査薬の陰性とは、妊娠検査薬に尿をかけるなど、所定の検査方法で尿を調べたときに、なにも反応がなかった場合のことをいいます。

妊娠検査薬で陽性と判定されたら
妊娠検査薬は、尿の中に含まれるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)というホルモンに反応するように作られたものです。

妊娠検査薬に再検査は必要?
妊娠検査薬は、尿の中に含まれるhCGホルモンに反応して、妊娠判定を行なうように作られています。

妊娠検査薬と生理予定日の関係
妊娠検査薬と生理予定日とはどういった関係があるのでしょうか?

着床出血が見られるときの妊娠検査薬の反応は?
妊娠検査薬は、生理予定日から1週間経過後に尿の中にhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)ホルモンが含まれるかどうかによって、妊娠を判定するものです。

早期妊娠検査薬で陰性だったら?
現在、市販されている妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後以降に診断を行なうタイプのものが一般的です。

早期妊娠検査薬で陽性だったら?
早期妊娠検査薬は、市販の妊娠検査薬よりも早い時期に、妊娠しているかどうかを判定することができます。


妊娠検査薬の時期

妊娠検査薬を使用する時期について説明します。使用時期によっては全くの無駄になってしまう場合もあるので注意が必要です。

関連エントリー

妊娠検査薬を使用する時期は?