Top >  妊娠検査薬と陰性 >  妊娠検査薬で陰性と判定されたら

妊娠検査薬で陰性と判定されたら

妊娠検査薬の陰性とは、妊娠検査薬に尿をかけるなど、所定の検査方法で尿を調べたときに、なにも反応がなかった場合のことをいいます。

妊娠検査薬は、尿に含まれるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)というホルモンを検出すると、陽性反応を示します。

hCGは妊娠した状態でなければ尿の中には存在しないホルモンであるため、そのホルモンが検出されない陰性は、妊娠していないという結果を示すことになります。

妊娠検査薬で陰性と診断された場合は、妊娠している可能性はないのでしょうか?

市販の妊娠検査薬は、hCGが50mIU/ml以上のときに、陽性反応を示すよう作られています。

妊娠週が3週目に入ると、hCGの分泌量は20~50mIU/ml、4週目に入ると、200mIU/mlといわれています。

hGCの分泌量が50mIU/ml以上になり、陽性反応を示すのは、妊娠3週目の終わりごろといわれています。

そのため、妊娠3週目の終わりごろは生理予定日頃であるため、妊娠していた場合は、生理予定日頃には陽性反応を示すということになるのです。

しかし、このhGCの濃度は、個人差もあり、妊娠検査薬の判定が陰性であっても妊娠している可能性もあります。

妊娠検査薬の判定で陰性という結果が出たあとも、生理が来ない場合や、基礎体温の高温期が続いているような場合は、再度妊娠検査薬で検査すると陽性反応を示すこともあります。

妊娠検査薬の判定が陰性の場合は、その後、きちんと生理があるか、基礎体温の高温期が続いていないか気をつけるようにし、そうであれば再度検査するか、婦人科を受診し診察を受けることをおすすめします。

その他妊娠検査薬,陰性,判定,陽性反応,診断の情報

妊娠検査薬の反応について
妊娠検査薬は、いくつかのメーカーから発売されていますが、使い方はほぼ同じです、棒状の妊娠検査薬の先に尿をかける、コップなどに採尿し、検査薬の先につけるなどして、検査を行ないます。

妊娠検査薬で陽性と判定されたら
妊娠検査薬は、尿の中に含まれるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)というホルモンに反応するように作られたものです。

妊娠検査薬に再検査は必要?
妊娠検査薬は、尿の中に含まれるhCGホルモンに反応して、妊娠判定を行なうように作られています。

妊娠検査薬と生理予定日の関係
妊娠検査薬と生理予定日とはどういった関係があるのでしょうか?

着床出血が見られるときの妊娠検査薬の反応は?
妊娠検査薬は、生理予定日から1週間経過後に尿の中にhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)ホルモンが含まれるかどうかによって、妊娠を判定するものです。

妊娠検査薬を使用する時期は?
婦人科を受診しなくても、手軽に妊娠しているかどうかを判定できる妊娠検査薬は、婦人科に行く前の自宅でできる予備検査としても多くの女性に使われています。

早期妊娠検査薬で陰性だったら?
現在、市販されている妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後以降に診断を行なうタイプのものが一般的です。

早期妊娠検査薬で陽性だったら?
早期妊娠検査薬は、市販の妊娠検査薬よりも早い時期に、妊娠しているかどうかを判定することができます。


妊娠検査薬と陰性

妊娠検査薬で陰性と判定された場合について説明します。陰性と判定された場合でも妊娠の可能性がゼロではないので要注意です。

関連エントリー

妊娠検査薬で陰性と判定されたら